2006年08月12日

『陰日向に咲く』

劇団ひとり、やるな。(-ω☆)

『陰日向に咲く』

陰日向に咲く

★★★☆☆


なかなか面白く読めました。

新人作家の本って言ってもわからない感じに文章が上手いです。

5話の短編小説なんですが、それぞれが少しずつリンクしています。

どれもなんだか人間の弱さが感じられる切ないストーリー。

この人、人間観察の能力がすごいんでしょうね〜

普通の作家では書けない、芸人さんだからこそ!という視点で書かれている話もあります。

軽い感じで読みやすい小説です。


ポチッとお願いしていいですか? → 「人気blogランキング
posted by とあ at 09:00 | コメント(7) | トラックバック(1) |
この記事へのコメント
私も勧められて読みました!一気にこれ読めちゃいます…!
各話がそれぞれリンクしてるところも「やられた!」って感じで面白かったです。
どうやらドラマ化とか映画化の話もあるみたいで・・・★楽しみです!
Posted by キャッツン* at 2006年08月14日 00:01
なるほどぉ。
この本、おもしろいんですね(メモメモ)

オイラも買ってみよぉ・・・
Posted by Mれぼ at 2006年08月14日 23:20
とあは、軽い新人作家などをリンクされたみたい…
Posted by BlogPetのたらふ at 2006年08月15日 15:14
■キャッツン*ちゃんへ

そうそう。リンクの感じがひねりがあっていいよね〜
一気に読めちゃうんで、文庫本で買うのはもったい感じだよ。
立ち読みで読めちゃうかな?無理かな?

ドラマ化?映画化?うん、面白いかも!
絶対見よう!(`・ω・´)シャキーン
Posted by とあ at 2006年08月16日 10:32
■Mれぼさんへ

面白いけど、普段からいっぱい本を読む人なら
ちょっと物足りないかもしれませんよ〜

短編なんで1話だけ立ち読みしてから考えるといいかもしれません。(*´∀`*)
Posted by とあ at 2006年08月16日 10:33
私も一気に読んじゃいました★
自然にでも、すごーく計算されてリンクした登場人物たち。
本当に一人で書いたの?って思うくらい個性溢れる登場人物たち。
なるほどー、このくらいの妄想がないと、あの中国人の真似はできないのかぁと・・・納得した作品でした。とあさんは、どの話がよかったですか?私は、やっぱりサラリーマンかな★
Posted by ehako118 at 2006年08月23日 10:14
■ehako118さんへ

やっぱり一気に読めちゃう本ですよね!
どの登場人物も不器用で弱かったりして共感できますよね。
一番面白かったのは・・・アイドル好きのオタクかな?
写真家になんとなくなりたい女の子も良かったな〜(ノ´∀`*)
Posted by とあ at 2006年08月23日 14:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22044941

陰日向に咲く
Excerpt: 陰日向に咲く『陰日向に咲く』(かげひなたにさく)は、劇団ひとりの小説。幻冬舎より2006年1月に刊行。概要2006年1月27日発売。劇団ひとりはこの作品で小説家とし..
Weblog: まことの日記
Tracked: 2007-08-16 06:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。