2006年09月02日

『東京タワー』

まずは、江國 香織さんの『東京タワー』


東京タワー

★★☆☆☆


不倫をこんなにキレイに書いちゃっていいの?という感じです。

そして、やっぱり恋愛って切ないものなのねー(T T)と思いました。

この作品は女の人、年齢がちょっと上のほうが共感できるかもしれません。

ハラハラドキドキの展開がないので、ちょっと物足りなさも感じるけど

江國さんらしい作品でした。

江國作品が好きな男の人っているのかな?なんとなく女子限定な気がします。

繊細すぎて、おいらも?(゚д゚)ワカラン!という描写もよくありますから。

でも本の帯に書いてあった

「恋はするものじゃなく、おちるものだ」

この本を読むと、その通りかもしれません。


次に、リリーフランキーさんのほうの『東京タワー』

東京タワー

★★★☆☆

うーん...(-ω-;)

なぜベストセラー?というのが正直な感想です。

売れてる分、期待が大きすぎたのかも。

学校も通わない、遊びほうけてて、親に心配ばかりかけて

世の中の不満ばかり言ってる主人公にはあまり共感できませんでした。

親思いの孝行息子だとは思いますが。。。

面白くないわけではないのですが、ベストセラーになっているので

あえて辛口に言わせてもらえば、可もなく不可もなくって感じです。

リリーさんのエッセイとかは好きなんですけどねー


*大泉洋くんが主役でドラマ化されるそうです!

 見なくては!!!(`・ω・´)シャキーン
http://wwwz.fujitv.co.jp/tokyotower/index2.html


ポチッとお願いしていいですか? → 「人気blogランキング

映画化の主演はオダギリジョーらしい。(人´∇`*)ステキ!
posted by とあ at 09:00 | コメント(16) | トラックバック(0) |
この記事へのコメント
たらふが、ネットで不可と、おいとかを描写されたかもー
Posted by BlogPetのたらふ at 2006年09月02日 12:41
北海道が産んだスター「大泉 洋」 結構好きです(*^_^*)コメディアンとしてね〜!!
ありゃ(・_*)\ペチ コメディアンじゃなかったっけ ヾ(-_-;)オイ
Posted by テンテン at 2006年09月02日 13:07
江國 香織の東京タワーは買って読みました。
やっぱり「恋はするものではなくおちるもの」ってフレーズはグッときました。
(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン
って感じになりました。
リリーフランキーの東京タワーは見てないんですよ。
興味はあるんですけどね〜!
洋ちゃんが主演でドラマ化は楽しみです。
とあちゃん、勝手にリンクさせていただきました。よろしくね。
Posted by レミ at 2006年09月02日 15:05
月に5,6ラウンドして、
毎週2冊も読書する。

当然、練習にも行くんだろうし、
いつ仕事しているんだろう・・・

[壁]ω ̄) ジー アイツアソンデバカリダナァ
Posted by みつ♪ at 2006年09月02日 21:00
月に5,6ラウンドして、
毎週2冊も読書する。

当然、練習にも行くんだろうし、
いつ仕事しているんだろう・・・

[壁]ω ̄) アイツアソンデバカッリダナァ
Posted by みつ♪ at 2006年09月02日 21:01
とあさん、こんばんわ。

僕もリリーフランキーさんの『東京タワー』は期待しすぎたせいか最後まで??って感じでした。まぁ個人的に合う合わないってもあると思いますが…

とあさんが前のブログで書いていた『陰日向に向く』と『チーム・バチスタの栄光』を読みました。『陰日向に向く』は僕的にはちょっと…でしたが、『チーム・バチスタ…』は寝る間も惜しんで読み続けてしまい、翌日は寝不足で…(汗) すごい面白かったです。
『このミス…』シリーズだと朝倉卓弥さんの『四日間の奇蹟』が良かったです。とあさんならもう読んでるかな?
Posted by GEN at 2006年09月03日 00:38
■テンテンさんへ

コメディアン・・・。(・w・)ププ
大泉くんは一応、俳優?だった気が。

頭もじゃもじゃですが
生でみると、そこそこカッコイイですよ〜
Posted by とあ at 2006年09月04日 10:49
■レミさんへ

江國さん、昔の「きらきらひかる」とか好きだったんですけどね〜
東京タワーみたいにお洒落にかっこいい恋愛もいいけど
もっと、燃えるような恋を書いてくれないかな〜(ΦωΦ)フフフ…

リリーさんのほうの東京タワーは買うほどでもないかも。
まあまあ面白いですけどね〜
でも、映画やドラマなら面白いんじゃないかな?と期待しています!
Posted by とあ at 2006年09月04日 10:49
■みつ♪さんへ

いつ仕事・・・?

仕事もいっぱいしてますよ〜
あんまり寝てないのです〜
ヾ(゚Д゚)ノ ウケケケ・・ケーッケケケケケケケ
Posted by とあ at 2006年09月04日 10:51
■GENさんへ

お!私の紹介した本を読んでくださったんですね!(人´∇`*)
私もGENさんから教えてもらった『クローズド・ノート』を読んでいますよ〜

やっぱり『陰日向に向く』より『チーム・バチスタの栄光』のほうがお好みですか?
コメント欄にも書いたんですけど、普段からいっぱい本を読む人には『陰日向に向く』は軽すぎる感じがするかもしれませんね〜
実は本の紹介のとき画像の下に五段階評価でマークをつけているので、お勧めは4つ以上です♪
参考にしてみてください♪(人´∇`*)
Posted by とあ at 2006年09月04日 10:52
とあさん、こんばんわ。

『クローズド・ノート』読んでくれてるんですね。とあさんは『火の粉』『犯人に告ぐ』とか読みましたか?僕はこんな本を書く人がどんな恋愛小説を書くのか興味があって読みました。
もし、まだ読んでなければ…特に『火の粉』はお勧めです。もう文庫本で出てると思います。

僕は今日から『博士の愛した数式』に挑戦です。
Posted by GEN at 2006年09月04日 22:34
リリーフランキーのは読んだ〜
でも、ぶっちゃけつまんなくって、すっごい時間かかっちゃった・・・
なんかちょっとね、腹立つのよね(笑)

でもね、父ヒロシは大絶賛だったの!
団塊の世代にはウケるのかなぁ?
時代の違いを感じたのでした。
Posted by とこなつ at 2006年09月05日 18:26
へぇ〜リリーフランキの「東京タワー」って大泉洋が主役なのっ!?日本に帰らない内に全国の人気者になってるんだねぇ〜

僕はナンシー関とリリーの対談本の「小さなスナック」が好きだったなぁ。

ブックオフで100円で買ったよん。
Posted by ほへ at 2006年09月05日 18:27
■GENさんへ

『博士の愛した数式』はこの前、読みました。
なんだか暖かい気持ちになれる良い本ですよね♪

『火の粉』は読んだことないので、時間を見つけてよんでみますね〜
Posted by とあ at 2006年09月06日 14:49
■とこなっちゃんへ

そうだよね、微妙だよね〜
結構、テレビとかで涙が止まらないとか
感動した!とか言われてるから???って思っちゃった。

本の感動って読む人の生い立ち、環境によって変わるのかな〜
Posted by とあ at 2006年09月06日 14:50
■ほ

洋くん、今じゃかなりの有名人だよー!
もう、元気くんじゃないんだよー!
Posted by とあ at 2006年09月06日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22045083
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。